ド田舎からのお上りさん~母、香港に来る

   

みなさんこんにちは。

皆さんは海外旅行されたことがありますか?私の日本の友人は日本から出た事のない人も結構います。日本って便利で見どころもたくさんあるのでわざわざ出なくても・・・・・。って気もわかります。旅行に興味がないという人もいますが私は旅人なのでぜひ旅をしてほしいですね。

母は香港に到着できるか。

出る時間が早すぎ

さて、ド田舎から母がド田舎の友人と2人で香港に遊びに来ます。
東京駅までは新幹線で2時間弱。余裕をもって成田発16時の香港航空を予約しました。
早速今日の朝心配になったので朝7時頃電話すると(日本時間)すでに新幹線に乗っているというではありませんか。

母 「お上りさんだからね~。早めに出ちゃった~」って 早すぎでは・・・・・・。
私 「早すぎじゃない?時間余っちゃうでしょ。」
母 「地元の駅でも迷ったから東京駅で迷うかもしれないしね~」
私 「成田は何ターミナル?」
母 「ターミナルなんてあるの?」
私 「E チケットに書いてない?」
母 「英語で読めないよ~~~だから早く出たのよ~」
私 「・・・・・。調べて電話しなおすね・・・・・」

なんて・・・・・・。お上りさん。

チェックインって何?

16時発の飛行機なので香港時間13時半(日本14時半)に電話し今どこにいるか確認すると

母 「荷物は預けて荷札を張ってもらったわよ。時間余ったからお茶している所」
私 「もうセキュリティー通ってパスポート見せた?」
母 「荷物預けたところでみせたよ。」

まだセキュリティーも通っていないし通ることも知らない余裕ぶり

私 「荷物チェックとかパスポートチェックとかあるからくつろぐのはゲートに行ってからにしてね。」
母 「誰か迎えに来てくれないの?」
私 「誰も迎えに来てくれないから自分で出発と言うところに行かなちゃだめだよ」
母 「あら大変。いまいくわ。」
私 「チケットは?」
母 「チケット?もらってない。あの紙なら持ってるわよ」
私 「あの紙って?Eチケット?」
母 「飛行機の時間が書いた紙」
私 「それじゃ飛行機乗れないからカウンターでチケット発券してもらって。長細いやつ」
母 「あ 長細くて切れる線が入った紙ならもらった」
私 「うん・・・・・・。それがチケット・・・・。そこにゲートが書いてあるからそのゲートに行くんだよ。ゲート番号書いてあるでしょ?」
母 「え~ゲートなんてあるの?書いてない。」
私 「書いてないの~じゃ誰かに聞いて。」

その後係の人に聞いたらチケットに書いてあったらしい。

もちろん税関、セキュリティーと言う横文字もちんぷんかんぷん。

ド 天然な母 1

不安だからパスポート見せるまで電話で話しててと言う母。ダメじゃないのかと思ったけど話していたら注意されあわわて切られる。

うちの母はすごい天然。これはダメじゃないかな~なんて思うことも気づかずやっている。
でもとっても優しい人なので注意されると
「あら ほんとにごめんなさい。田舎者なので」と謝る。
うちの母は本当にいつも笑顔で優しい人。でもちゃんと香港まで到着できるかものすごく心配。
なんてったってド 天然だからである。

どんだけ天然かと言うと

この前ミニバスで旅行に行ったとき母が最初にバスに帰っていると言った。
その後バスにみんなで変えると母がいない。みんなで探しまくっていたら

なんと

横のバスに乗っているではないか!しかも運転手さんと楽しくお話している・・・・・。

ド  天然。

みんなで爆笑し母を迎えに行くと

母 「え バス違ったの❓ あらやだ。すみませ~ん(運転手さんに)」

運転手さん 「僕に話しかけに来てくれたのかと思ったよ~(冗談)」

何の疑いもなく人の車に乗り込んでいる。
警戒心がないのか何なのか。

ド 天然な母 2

一度10年くらい前に母をイタリアに連れて行ったことがある。ホテルにつくとスーツケースが開かないのに気づきカギはどこと聞くと

母 「なくすといけないから家に置いてきた」
私 「・・・・・。」フロントに行ってカギを壊してもらおう」

フロントがドリルのようなものを持ってきて壊してくれると
母 「ドリルってすごいわね~。」

って・・・・・・。

用心しすぎてカギを忘れるとは。

プリペイド携帯しか持っていない

母はとてもアナログ。

メールアドレスもなければスマホ?そんなものも持っていない。
今時 10年も使っている ジェーフォン→・・・・・。のプリペイド電話。

むろんEチケットも郵送した。だから空港で困っていて写真を送ってなんてこともできない。
香港についてから書く書類の書き方も手紙で送った。
香港についたらWIFIなんてそんな言葉も知らないだろうからちゃんと出口まで出れるか心配。

母「香港についたら荷物取るところで待ってるわね」と言っていたけど私はそこに入れないよ~~~~
私 「私は中に入れないから、みんながよくテレビとかで紙とかに名前書いて持ってるところまで出てきてね。」
母 「荷物は?」
私 「荷物は自分で取ってから出てこなくちゃいけないからね。」
母 「あらそ~、聞いといてよかったわ~」

母と私に時差がある。・・・・・。笑い

時間の流れが遅い。

最初に海外に行くとき

母がアナログすぎてわからない。今の時代が便利になりすぎてそれになれてしまった私。
最初に海外に行ったときは私もそうだったな~なんて思う。

右も左もわからず。チケットは郵送で家に送られてきていたし。
そう思うと、ここ20年でとっても進化したな。旅のスタイルもだいぶ変わったしインターネットの普及で便利になった。でも不便なときもそれなりに楽しかったな。
人に聞いていろいろ旅して。今回母を見ていてタイムスリップした気分になったかも。
まずは無事つくことを祈るのみ。

 

 - 気まぐれ日記, 香港 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。