フランス人夫を持つ日本人の友人VS夫たち

   

こんにちは
我が家のディベイトは毎日続いております。
今日は、フランス人夫を持つ友人たちが家に遊びに来てくれて私たちを入れ3カップルでご飯を食べました。

ディベイトにも熱が入ります!
本日の話題は・・・・・・。

フランス人はマイナス思考

フランス人は100%ハッピーってことがないんじゃないかなと言う話題になる。なにに関しても

BUT 

フランス語で

mais メ

と必ず会話の最後についてくる。

なでしこ3人一致意見!

よっしゃーと思うと

フラン人夫は負けやしない。

「小学校から高校まで人生には必ず自分が思う意見には反対の考え方がある。だから自分の思ったこと、でも・・・・・、で結論は・・・・。といつも考えるように教わった。」と言う。

私たちは、

「日本だって起承転結教わったけど言わなくていい場面で使う必要がない。」と言うと

「自分たちの基盤はこうできている。よく物事をオブザーブしているだけだ。フランス人はどこの国の人よりいろいろなことを見ている」と・・・。

observation 観察する

これに関してはすごいプラス思考。

決してマイナス思考なわけでなく、良いことには必ず悪いこともあると考えているらしい。

絶対折れない・・・・・。

フランス人はケチをつける

これはさっきの話がヒートアップした話題の一例で出てきた話。

どんなにおいしいレストランに行っても私達が

「本当においしかったね。幸せ~」って喜んでいると。

「サービスが値段の割にいまいちだ」、「食べごたえがないのに高い」とか絶対にマイナスポイントを言う。

私達が

「たまにはうん美味しかったね ピ・リ・オ・ッ・ド」と言うときはないの?と聞くと

「完璧な店なんてないし完璧なものもない。だから人生面白い」と言う。または、
「フランス人はコメントするから料理やワイン、美に関しても追及して完璧がないものと思っているから向上する」と言う。

私は、専門家でも得意とするものもないので半ば、納得してしまった。いやいや

ディベイトしなきゃ!!

なな 頑張れ!負けちゃだめだ。今日は一人じゃない3人も味方がいるんだから。

「なでしこ3VSフランス人夫3」なんだから。

 

ディベイトは続く

「雰囲気壊すようなこと言わなくなっておいしいで終わらせればいいじゃん」

だって私たちは旦那にレストランのクリティックなんて求めていないし。

楽しい時間を楽しく過ごせればよいだけなんだから。・・・・・。だから↓

フランス人は一言多い。

フランス人は一言多いんです。
これも出てきた話題なんだけど、私の家で何年か前に旦那が抜き打ちで10人以上も家に連れてきたことがあるんです。旦那が呼んでおいて手伝わない。それも苛立っているのに キッチンでみじん切りをしながら鍋の煮込み料理して、アペタイザーも並行して作っていたら

「あなたは料理をするときにキッチンを汚して作るんだね」とからかいに来ました。

むかつく・・・・・。

むかつきすぎる。

3つも並行して作っているんだから。

じゃ自分がやれ~~~~~~と言いたくなったが我慢我慢。

むかつきを抑えてパーティが終わりみんなが帰った時に

「さっきの言葉は何?文句あるなら自分でやれば。自分の友達呼んでおいてケチつけて何様のつもりよ」としれっと言った。

私の中の富士山が噴火したことがある。

するとよっぽどそのしれっとさが怖かったらしく「冗談だよ、日本人は冗談がわからないから困るよ‥‥。」、「フランス人は普通洗いながら家事をするように教育を受けているけど日本人は違うんだね」と・・・・。

いつも洗いながらやってるじゃないですか!

10人のご飯をもう来ているゲストに待たせることなく作るのは大変と言うことがわかっていない。
1つの料理を細かくやってる時間はないから、いろんなこと一緒にやっていただけなのに日本人は、作り方が汚いだと!!!!!!

むかつきすぎる。

しかも文化のせいにした。

じゃ、私に言わせてもらうと

フランスはチーズとパン出しとけばいいからキッチンも汚れないよね!と言いたかったわ。

あなたが一言多いんでしょうが!

と言う事件があったんですがそれをこの期に及んでまたみんなの前で自分を正当化している。
でも大丈夫。今日は2人の友達もいる!

余分なことは口に出さなくてもよい。と言う討論になる。

するとフランス人夫たちは
「自分の思ったことを奥さんに言えないなんて偽りの夫婦だ」というじゃないですか。

こちらは

「言葉に出さないやさしさだってあるし、言わなくて良いことは言わないやさしさがある」と。

すると

「言葉に出さなきゃ伝わらない」・・・・・・・・。

こんなディベイトを続け

 

フランス人はケチ

フランス人はケチと言うディベイトに入りここでひと悶着

旦那がケチと言いたくなる瞬間はたくさんある。それは、我が家だけだと思っていたらうれしいことに
他のフランス人夫を持つ奥様たちの間では以外に共通だった!
前回の記事かこちら↓

旦那がけち!と言いたくなる瞬間

上記はうちの旦那に対して私が思ったことだけど他にも
共通して言えることはたくさんある。

古いものをずっと使う。
捨てられない。
とか・・・。

あと笑えるのがやっぱり

「のど乾いてないからいらない」って言ったのに一番飲む!
お金を出す環境で渋るのはわかる。
記念日にはけちらないでほしいけど・・・・。

家で飲んでいてもパーティーに言っても(自分がお金を出さない環境)
「喉乾いてないから~」と言うくせにつがれると

飲み干す!

喉乾いていたんじゃん!って突っ込みたくなる。
それがなんとうちだけじゃなかったんです!!!!!!
他のフランス人夫の家庭でもそうと言うではないですか!

嬉しすぎる。

うちの夫のジャイアン具合は他に比べてもすごいけど共通点があるじゃないですか!
ちなみにご飯もそう。

「おなかいっぱいだよ」って言っても取り分けると「しょうがないな~」みたいな感じで食べる。
そして「あなたのせいで太っちゃったよ~」みたいな一言余分なことを言って食べた罪悪感を擦り付ける!

夜は更けていった。

そんなこんなで0時をまわったので今日は解散。
すごい体力を使うがとても楽しいディベイトだった。仲間がいると心強い。
いつも打ちのめされている私は今日はちょっと強くなれた。

 

 - 国際結婚日和, 国際結婚日和全般, 我が家のディベイト, 文化の違い, 香港 , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。