香港不妊治療 受精卵について

      2020/04/08

こんにちは

今日は香港のプライベート病院でやった体外受精(顕微授精)でとれた卵子数と受精卵に数について書こうと思います。

 

1回の採卵でとれた卵子と受精卵の数

私立での1回目の採卵

1回目

9個の卵子

5つを受精することができた。

結局

DAY3 8分割の受精卵 1つ

胚盤胞 BC 1つ

計2つ

 

1回の採卵でとれた卵子と受精卵の数

 

2回目

9個の卵子

7つを顕微受精

6つ胚盤胞

AA 1つ

BA 3つ

BAB 1つ

1つは胚盤胞まで行ったが冷凍するグレードではなかった。

 

5つを冷凍

 

感想は

2回採卵をやってよかった。

前回のパブリックでの2回の採卵はどちらとも1つしか取れなくて新鮮胚培養だったし。今回の1回目も2つか取れなかったので2回やって良かった。

AMHがとても低いのでここでやれるだけやったと言うことで満足した。

後はこの冷凍の受精卵に頑張ってもらおう。

 

 - 香港, 香港不妊治療, 香港現地事情レポート , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。