トラベルジェイピー掲載 オデナミックを中心に考えたワイナリー マテティック

      2018/08/22

みなさんこんにちは。
ワインの勉強に奮闘中のななです。
以前住んでいたチリ。
愛着があるので今回はサンティアゴに住んでいるときに一番行ったお気に入りのワイナリー
”マテティック”についてご紹介したいと思います。

チリとワイン

チリといえばイースター島、パタゴニア、そして、南極へのゲートウェイ。サンティアゴに着いたら国内線に乗り継ぎ、サンティアゴは素通り、と言うのがほとんど。サンティアゴの見どころってないの・・・・・。
そそそんなことはありません!!!!サンティエゴ近郊には日帰りで行けるワイナリーがたくさんあるんです。
チリでは至る所にワインがあり日常生活の中になくてはならないそんな身近な存在。紙パックのワインから水より安いワインまで!ワインはブドウが育った土地で飲むのが一番ですよね。サンティエゴから日帰りで行けるワイナリーで私のお気に入り”マテティック”についてご紹介していきたいと思います。

サンアントニオ・ヴァレー

SONY DSC

サンアントニオ・ヴァレーは、カサブランカ・ヴァレーのすぐ南に位置していて首都サンティアゴから車で1時間半で行けるワインの銘醸地。ここは北部のチョアパ、エレキヴァレーに次ぐ新興ワインヴァレーとして注目を浴びています。穏やかな地中海性気候、南極からのフンボルト海流の影響で冷涼な気候が保たれているため、ぶどうの成熟がゆっくり進むことができ、さらに昼夜の寒暖差が大きいことで糖度と酸度のバランスが取れたぶどうができる産地です。

バイオデナミックにこだわった建築

Mateticファミリーは、ロザリオの谷の気候と土壌がワイン造りに適しているとして1999年にワイン造りを開始しました。設立当初より一貫してオーガニックおよびバイオダイナミックでブドウ栽培を行い、現在すべての畑が認証を得ています。有名な建築家の協力のもと設計された新しいワイナリーバイオデナミックを基盤と死自然の力が最大に生かせるつくりになっています。

一面ガラス張りのワイナリーはモダンかつ太陽の光が最大限に差し込むように作られていてツアーに参加すると目から鱗です。

冷涼地で作るシラーのパイオニア

マテティックワイナリーは、冷涼地シラーのパイオニア。サンアントニオ・ヴァレーにあるロザリオ・ヴァレーの土壌は花崗岩でチリでも海岸に沿った山脈にしかないと言われています。この土壌の持つミネラル感と気候がシラーに適していると、チリで最初に冷涼地シラーの栽培を試みたのが始まりです。そんなマテティックのシラーは、黒胡椒、湿った土、チョコレートと柑橘系のヒントも感じられる味わいです。

SONY DSC

このワイナリーに行ったらぜひツアーに参加してみて下さい。英語とスペイン語のツアーががあるのでお好きな方を。ワインセラーには定期的に湿度を保つためミスとが出たり太陽の光を差し込めるようになっていたりと見学しがいがあります。

お洒落なブティック「El Emporio」ではテイスティング他軽食を取ることができます。また、シラーやピノノワールと合わせたワインとチョコレートのテイスティングもあります。

ワイナリー内のブティックホテルに泊まってみよう

SONY DSC

La casona hotel はマテティックワイナリーの敷地内にあるブティックホテル。アットホーム感が出ていて安らぎの空間。自然の中に囲まれゆっくりできるとき別な時間を楽しむことができます。夜は、小さなリビングダイニングのようなお部屋でマテティックのワインとオーガニック食材で作られた料理を楽しむことができます。
私の泊まった時は1人でしたので1本好きなワインを選びそれがディナーについてきました。
その他グラスワインも充実しているので他のワインも料理に合わせて試してみると新たな発見があることでしょう。
地産地消 ほんとその通りだな~。ワイナリー内で作られたオーガニック野菜にオーガニックチキン。それに合わせてワインを楽しめるんだからこの上ない贅沢☆

行くなら夏から収穫時

SONY DSC

ワイナリーは秋の収穫時期前後に行くのがとてもおすすめ。収穫時期はワイナリーもとても大事な時期で忙しく大きいワイナリーでないとツアーなどが開催されない場合が多々あります。チリはだいたいツアーやテイスティング専門のスタッフが常時しているので実がなっているこの時期がおすすめ。祖国収穫の時は収穫したブドウがどのようにしてワインになっていくかが見学できるのでこの時期を狙っていってください。また、ブドウの木が紅葉しとてもきれいです。
以前冬に行ったら剪定されていて、なんと枝もない寂しげな状態でした。やっぱりせっかく行くなら見ごたえがあるときじゃないと!

 

記事はこちら

トラベルジェイピーに掲載しています。

https://www.travel.co.jp/guide/article/21049/

おわりに

いかかでしたか?サンティエゴに言ったら日帰りで行くかマテティックに寄った後バルパライソに行けばいいので(少し奥に入りますがバルパラへ行く途中)ぜひぜひ行ってみて下さい。
後、ワイナリーは閉まるのが結構早いので気を付けて下さい。夏場は特に日が暮れるのが遅く大丈夫なんて思っていると9時なんてことも。
ほんとうにおすすめなのでぜひ行ってみてください。

 - チリ, トラベルジェイピー記事, ワイナリー, ワイナリー, わいん, ワイン , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。