体外受精 in 香港 2回目 開始

      2018/06/18

こんにちは。

後期流産から5か月が経とうとしています。

切なさは時間とともにまた私たちの元へ帰ってきてくれるというポジティブな方向に考えるようにしています。

時々ある心ない言葉にグサっときますがそんなのに負けていたら駄目ですよね。

妹に散々愚痴って聞いてもらってすっきりした。

 

公立病院のIVFは3回まで

前回に記事に書いた通り公立でできるか不安でしたが無事ハイリスク科との面談も4月末に終わりすぎの周期から始めるとの事。

やったああああ

まだ希望はある。

私たちのべーびーちゃんが戻ってきてくれるかもしれない!なんだかうれしい。

 

後期流産後の生理

後期流産から5週間と2日目生理が来ました。

その後の生理と出来事

1回目 3月5日~9日

2回目 4月11日~15日   4月20日にIVF科、ハイリスク科との面談 次のサークルから開始できるとの事。しかし今だとピルを飲むには遅すぎる(DAY10)ので次の生理が始まったらピルを飲み6月の生理からIVFとなる。

3回目 5月12日~16日 5月15日からピルと20日飲むように指示を受ける。(6月3日まで)その後6月9日から治療開始。低用量ピルだったのかずっとだらだら血が出続ける。

4回目 6月5日から9日。 9日から15日までの7日間 注射が始まる。こちら次に詳しく書いていこうと思う。

自分との葛藤と傷つく心

べービーラッシュの私の周りは常に誰かが妊娠して赤ちゃんを産んでいる。

そんな中

うん。私だけいつまでたってもできない。

誰よりも早く始めていたのに私だけできない。

この葛藤に打ち勝たなければならない。

できない人生もいいんだと自分に言い聞かせている。

仕事をしていてよかった。

私の今の唯一の支えは仕事をしていること。

何かほかに考えることがあって違う仲間もできて本当に楽しい。

心ない言葉

「仕事今度はしちゃだめだよ」

「今度は安静に休まなきゃいけないよ」

「前に辞めなかったからだよ」

「今度は立ち仕事はだめだよ」

「前の原因は立ってたからでしょ」

 

なんて最低な言葉。

私が仕事をしていたから流産しちゃったってこと。

あまりにもひどい

自分が一番そうかもしれないって思っていることを人からずけずけ言われたくない。

嫌味にしか聞こえない。

うん。

客観的に見たら嫌味じゃないと思うかもしれないけど主観的な私は結構マイナス思考。

私はつわりの時も仕事をしていたから乗り切れたし何度もお医者さんに確認して大丈夫と言っていた。

だから働いていた。

後ほど、ほかの病院に行ったら動かない方が良かったと言われたけどそれは妊娠中一言も言われなかった話。

でもそれを言われたとき後悔したのも私。

でも結局子宮口も開いていなかったし細菌感染もしていなかった。私立のお医者さんが言うにはそれでも安静にしていなきゃっていうけど公立のお医者さんはそんな根拠はないと真逆。

次はそれでも仕事をやめて家にいようとは思っている。

 

私が傷つかないとでも思ってるのかなって疑問に思う。

産んだ人は先輩だけど同じ経験したのかなあ。

私が寝たきりでいて血行が悪くなって動けなくなったり太りすぎて出産で苦しんだら責任取ってくれるのかなあ。

本当に私と同じ状況の人から言ってもらえるならとってもありがたい。私の状況をわかっらアドバイスしてくれるなら本当に耳をかた向けて聞きたい。

でも何の根拠もなく言われるのはわからないな。

自分の責任だって言われなくたって自分が一番感じていることなんだから。

旦那ムッシュキューは「医者も何回、何度も言っていたけど今回のことは関係ない。」って言っていたでしょ。

自分を責めないで。あなたは悪くないっていつも言ってくれる。

傷がいえないのに傷つけられる。

強い心を持たなくっちゃ。

他にもたくさんの傷つく言葉をかけられているけど

うん。これはマイナス思考だからこう思うんだ。

人はそんなに悪くない。自分の受け止め方が相当マイナスなだけ。

だから頑張って生きていこう。

人の言葉に傷つかない心をもちたい。

 

 

 

 

 

 - 香港, 香港不妊治療 , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。