体外受精 in 香港 胚移植へ

   

こんにちは

採卵から2日目
移植の日に。

半入院する

これを入院と言うのだろうか。いちよう入院の申請書と共に緊急患者専用の窓口で受け付けを済ませる。支払いは終わった後とのこと。K5Nに行き受付を済ませる。今日は香港の休日で電車とミニバスの乗り換えがうまくいかず朝8時前に到着したため若干混んでいる。2日前の採卵の結果を教えてもらう。

採卵の結果

採卵では4つの卵が取れ2つが顕微授精(ICSI)により受精させました。
主人の精子は形態不良精子がとても多く正常なのが今回は3%(これでも1%増えました!)なため振りかけでは精子が自分から卵と受精してくれる可能性が少ないらしくこの方法になりました。(顕微授精追加料金4000HKD)。1つは状態が悪くダメになってしまったので受精したのは1つのみ。グレード1なので良いらしく現在2分裂しているとのこと。ただでさえわからない内容を(日本語で復習していったがあまりわからなかった)英語で説明されたので余計わからないしナースが英語をあまりしゃべれなかった。

本当はこんなツイラhMG注射をしたから沢山卵を取って冷凍したかったけどそう甘くはない。今日は1つを戻すことに。

QMH パブリックセクションの仕組み

待ち時間は長いが3年待ってやっと来たらしっかり面倒を見てくれる。IVFのチャンスは3回。採卵で沢山取れたら凍結保存してくれるので2人目がほしくなった時も公立の格安な料金でIVFを行える仕組みとなっている。香港は私立がものすごく高いので公立でこの手厚い対応はとてもありがたい。私たち夫婦のように普通では絶対に近くできないカップルにはもってこうなので私も卵を凍結保存したかった。なのに・・・・。たくさん採取できなかった。どころか凍結保存する受精卵もない。現実はそう甘くない。

移植の準備

手続きを済ませるとK5Sに移動し半入院へ今日は別途が用意されていないが椅子と手術着、ランチは用意されるとのこと。(ランチはまずくて食べれなかった)早速椅子のある部屋に行くとマッサージチェアのような椅子が5台置いてありすでに2人椅子に座って待っていた。私が空いている椅子に座るとナースが英語を喋れないため2人の患者に通訳を頼んでる。2人とも親切に私に通訳してくれる。まず
〇トイレにいかないで。(移植の時おしっこが溜まっていた方が良いらしい)
〇手術着に着替えてパンツも脱ぐ
〇水を飲んでお水をもっと膀胱にためて

とのこと。早速着替えて椅子に座り3人で近況を話す。

一人は何年か前に凍結保存してあるのを今回移植するらしい。2人目の子供となる。もう一人は32歳と若く元気満々で今回初めてらしい。彼女は採卵で19個も取れたらしくそのうち12個は元気で凍結保存させるらしい。QMHは35歳以下は1つしか卵を戻すことができないので今回は1つ戻すようだ。なお彼女曰く冷凍代金は2つまでは一定額の4000HKD(2年間)だが受精卵1個につき1000HKDの冷凍代金が加算されていくらしい。そのため彼女は冷凍しない私に比べ10000HKD以上多めに支払うことになる。でも注射や採卵があまりにもつらかったのでラッキーと言って大喜び。こんな自分の気持ちをむき出しにしてしゃべるのも香港だからかな~なんて思いながら話をして順番を待つ。

そのうち2人が呼ばれついに私の順番へ。車いすで採卵した部屋と同じ部屋に移動するとさっきの2人もまだ待っている途中だった。

受精卵胚移植へ

私の前の人が10分くらいで出てきて私の順番が来る。あの元気な彼女が「痛くなかったから大丈夫だよ!」と言ってくれる。早速、中に入り台に乗り始まる。器具が中へ。横にはエコーの画面がありおなかに棒を当てると子宮の中の様子が見える。ドクターはきれいな人でこの人は上手でいつも痛くないので好きなドクターの一人。ナースが何か「入ったのがこれだよだよ」みたいなことを言っていたが英語が不得意なナースだったためよくわからず終わる。違和感があるだけで痛くなかった。なんか痛くないことに感激して病室へ戻る。

退院 薬の処方

病室にてまたさっきの2人に会う。痛くなかったね~みたいな話をして1時間休憩し退院。料金を払いにSブロックへ。これから朝と晩、膣に入れなければいけない薬の処方箋も出たのでそれと共にもらいに行く。香港の休日だったためいつもはあふれかえるような人のいるQMHのファーマーシーもガラガラ。あまり待つことなく終わり家にタクシーで帰宅。

処方された薬は
Endometrin 毎日2回朝晩 膣の中へ。

今回IVFでかかった総合料金

前回の採卵までにかかった費用
診察代:80HKD×10=800HKD
薬等IVFの治療代の一部 4000HKD
採卵 195HKD(Admission fee 入院費 75HKD+Ward meintenance Fee 120HKD)

胚移植の日にかかった費用
IVF-ET 7500HKD
顕微授精費用 4000HKD
採卵 195HKD(Admission fee 入院費 75HKD+Ward meintenance Fee 120HKD)

合計16.690HKD(約241.400円)
1 HKD = 14.4JPYで換算

 

凍結保存料 最低金額4000HKDが凍結する受精卵がなかったためかからなかったのでこの金額。
顕微授精もなかったらかなりお手ごろな料金だ。

 - 香港, 香港不妊治療 , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。