体外受精 in 香港 採卵

      2017/10/02

こんにちは

これまで毎日の過酷な注射について書いてきました。今回はいよいよ採卵です。

採卵まで

9月28日の夜中23時59分(注射を打ったのは29日の0時2分)にhCG注射を10000IU打つ(これも同様痛いしこの夜勤のナースの一人はいつも対応がめっちゃ悪い)

9月29日 一日何もない。むろん爆睡。19日から毎日朝7時半起き、28日は朝と夜中にも病院と過酷だったため。

9月30日 朝7時に病院へ。受け付けはいつも同様開いていないので緊急の受付で支払いを済ませる。
今日は土曜日なので主人こと”ムッシュキュー”も朝早起きして一緒に来た(精子の採取もあるため)。

いつものK5Nにレシートを持っていこうとするとムッシュはおなかが空いたからと売店でストップ。
いやいや私は昨日から何も食べてないし飲んでないのに・・・・・。(麻酔をするので夜中の0時から食事と飲み物を禁止されていた。)
ムッシュの奴、朝からおいしそうなココナッツジュースを飲みその後に及んでまた私の前で食べるとは。苦笑 強者だ。しかも私に勧めてくる。私が「食べれないて言ってるでしょ」と言うと「あっ わすれてた~~~」とニヤッとして自分一人で食べる。食の恨み・・・・・・・・・。忘れないぞ~~~。

本題に戻り、今日は早めに来たためスムーズに事が進む。
体重を図り手の甲に注射(点滴の時に使うやつ)を設置し痛み止めと抗生物質を注入。
血圧は上95 下48と低いが昨日の夜中からご飯を食べていないのでしょうがない・・・・・。

採卵のため入院

採卵は香港でも日帰りだが入院扱いとなるためベットと手術着、食事が用意される。
朝、8時半にk5Sに移動し手術着に着替え待てと言われる。この時、ムッシュはこの病室には入ってこれない。面会時間の12時から13時までしかQMH(Queen Mary Hospital)は面会ができないようだ。ムッシュは私の入院代を支払い10時までに精液を取って同じフロアーの570号室へ届けなければいけないので一服してる暇がない。
私は私で採卵までどのくらい待てばよいかわからないのでとりあえずベットに入ると眠気が。ポリープ除去の時もここで爆睡していた。

9時半に起こされまた血圧を図る。上100 下56に。車いすに乗って採卵を行う部屋へ。人数をこなす公立病院は待っている人も結構いる。私の前に1人会議室の椅子みたいなのに座って待っていて私もその横へ。私の前に行う人にあいさつし、少し話していると彼女の順番が回ってきた。しばらく待っているとさっきの人が出てきて、ササッときれいにされ部屋に案内される。

いざ採卵へ

採卵室の椅子に腰かけると手の甲につけた点滴の準備のようなところから少し眠くなるという液が入る。するとボケ~としてくる。いざ採卵へ。器具が中に入り局部に麻酔の注射をする。これが結構痛い。でもお尻の痛みがまだ残っていたため分散され我慢できる痛み。その後おなかの中をぐりぐり削られているような感覚で痛い。痛いよ~と数回言ったがぐっと我慢。ボケ~~としているうちに痛みもあったが無事終了。
車いすに乗っけてもらいベットに戻る。
10時に採卵室に行って10時40分にベットに帰ってきた。待っていた時間もあるので実際は30分弱だったと思う。
ベットに帰って来ると私の前に行った人が。この人は2日前の夜の注射の時にも顔を合わせていたので微笑み私は爆睡。

採卵後の面会

11時30分ごろムッシュからメールがあり何が食べたいかと言われる。QMHにはパシフィックコーヒーかお粥屋しかないのでお粥を選ぶ。(ここのお粥が意外においしい)いつもはピータンのお粥だけど今日はキノコのお粥に。12時になると共にムッシュが無垢な笑顔で入ってきたらしい。私はこのメールを受け取った後にまた爆睡していたらしい。ムッシュに起こされてもうろうとしたまま起き上がりおかゆを食べる。ムッシュは牛肉麺を買ってきたらしいが臭いといって文句を言っていた。あの大食いムッシュでさえ残していたくらいだからよっぽど不味かったんだろう。10人の大部屋なので小声で話しているとナースが血圧を測りに来る。私は普通だった。するとムッシュ、ナースに僕のも図ってほしいとおねだり。測ってもらうと正常値だったので大喜び。ナースもほほえましく笑っていて、こういう時外人って得だよな~~って思う。
そんなうちに12時45分になりコーヒーをムッシュに買ってきてもらう。13時にムッシュはまた外に出て私の退院時間14時30分まで暇つぶしをしなくてはいけない。

やっと退院

14時15分にナースが来た時私はまた爆睡していた。本当に疲れていたんだろう。そしたら血圧も顔色も良くなかったのか退院は15時にしましょうとのこと。私は大丈夫と言ったがナースの許可が下りず遅れる旨をムッシュにメールで報告。その後また爆睡してムッシュが私をおこしに来てくれた。
もうろうとする中、立ち上がり歩いていると、ムッシュが「街にコーヒーでも飲みに行くか」とか「これからハイキングに行くか」とかわけのわからないことを言いだす。

この人はどれだけ私の身体がつらいかわかっていない。私は一言「タクシーで家に帰る」と。(香港はタクシーがお手頃)半ば私の目つきはやくざ化していたと思う。ムッシュは日本語で「はい!わかりましたボス」とか言ってタクシーに乗り家へ。タクシーだといつも1時間かかる距離が15分もかからない。

精液採取

ムッシュは精液をマスターベーションで専用容器に採取して570号室に届けなければいけない。
今日が土曜日で本当に良かった。ムッシュの仕事は朝早いので10時に精液を届けるということがまずできない。私が届けるか半休を取るかなんだけどこの、先の読めないスケジュールで半休をいきなり申請するのってかなり過酷。
人工授精の時は個室がないと言われトイレで採らされていたムッシュ。今回は個室があることに大喜び。
あと後聞いてみると会議室の折り畳みの椅子が部屋に置いてあるだけでビデオも本もなかったらしい。トイレよりは良いと言ってまあまあ満足げだった。ムッシュはこの一日頑張ればよいんだからまた失敗するなよ~と祈りが届いたか。

採卵後の身体の状況

採卵後おなかがものすごく痛い。ごろごろするっていうかなんというか子宮頸がんの手術をした後もこの痛みがあったなと思い出す。歩くのもままならない激痛。足を前に出すのがやっと。本当に痛い。おなかは風船のよう腫れあがりパンパン。
採卵次の日もおなかが痛すぎて歩くのがやっとだしいつものジーンズなんて入りやしない。それどことか便秘のようなおなかが締め付けられるような痛みが定期的に訪れて本当に痛い。体重も2キロ増えた。これって危ないんじゃないかな・・・・・・。不安を隠し切れない。

今日かかった費用は入院代の

198HKDのみ

 

 

 

 - 香港, 香港不妊治療 , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。